ケアマネジャーの通勤鞄

ケアマネの、ふだんの生活

こんにちは。毎回、役に立つかビミョーな事を呟く、ケアマネジャーの佐々木です。書きためた漫画がなくなったので、通勤鞄のご紹介です。

ちょっと前まで、生活に余裕ができたら少しいい鞄を買いたいと思っていた。A4ファイルが入る大きさで、シックなの。通勤で見かける、キレイなお姉さん(恐らく年下)が持っていたゴヤールの鞄は素敵だけど高いんだろうなあ、とか思いつつ。そんな私が今、愛用しているのは…

イオンでプレミアムモルツを購入したらもらえた、ノベルティのコールマン120周年記念のトートバッグの写真。
DSC_0098

…おまけじゃん。ビール買ったときのおまけ。正確に言うならこの、おまけのバッグ欲しさに普段買わないビールを買いましたけど、まさかいつの間にかメインの通勤鞄になるとは思わなかった。最初は資料を入れるサブバッグだったはず。おかしい。

若い頃より少しは生活に余裕ある。コロナで旅行にも行っていない。鞄に予算をかけたっていい気もするけど、若い頃より重たいものも苦手になった。お洒落より風格より肩と首と腰が大事。めっちゃ軽いんだもん、これ。ポケットはないけどバッグインバッグ使うから問題ないし、素敵な鞄が似合うような格好もしてないし。官公庁が多い駅で降りるのだけど、人の格好なんて誰も気にしていない。

唯一気になるのが可愛いビールの柄。これで仕事に行って良いのか?とも思ったけど、私の鞄を見た上司は「Colemanじゃん!いいね!」と言ってくれた。気になるのはそこか。Colemanか。ビールの絵柄は気にするところではなかった。そんな訳で、いいお年のケアマネジャーは安心してビールの付録の鞄で通勤している。お昼用のスープジャーとA4の資料とバッグインバッグが余裕で入って、今のところはこれがベストです。いつかゴヤールの鞄を買えたらそれもご紹介したい。でも、今は「プレミアム・モルツ(の、鞄)より重たいんだろうなあ…」という気持ちが勝っていますけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました