【介護保険】利用開始月のモニタリング訪問は絶対に必要!

介護保険の制度のはなし

こんにちは。ゆるーく居宅のケアマネを続けている佐々木羊子です。
今回は、新人さんが新規ケースを持った時に良く陥る罠。
「利用開始月のモニタリング訪問」についてお話していきます。

そうです。月中で新規のケアプランを発行して、その月のうちにモニタリング訪問をする必要があるのですが、これが抜けちゃうのですね。
なんでそんな事が起こるのか?といいますと、
だいたい、新人さんって先輩から既存のケースをもらうことが多いんですね。
そこで、運営基準減算についてレクチャーされて、
「月に1回とりあえず訪問しておけば何とかなる」と思っちゃうのです。
(私も昔、思ってた)
※運営基準減算についてはコチラ

だけど、介護保険的には「ケアマネが作成したケアプランについてのモニタリング」なので、ケアプラン発行前の訪問は何回行ってもノーカウント
「ケアプラン発行後に」「今月中に」行かなければならないのです。
実地指導でも新規のケースは、ケアプラン発行後の日付でモニタリング記録が残っているか、結構チェックされました。

あと、暫定利用中の利用者さんも暫定プラン出したら、きっちりその月のうちにモニタリング訪問しましょうね!結果が出るまで放っておいたりすると大変なことになりますよー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました